蜂の子のカプセルの選び方を解説

蜂の子のカプセル、サプリはいろんな種類が出回っています。そこで今回はどうやって選ぶべきなのか?というのを紹介。
MENU

蜂の子のカプセルはどれがいい?選び方のコツをご紹介!

蜂の子のカプセルはどれがいい?選び方のコツをご紹介!

 

体にいいと注目されている蜂の子。気になるけれど、いろいろなカプセルがあるのでどれにしようか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

蜂の子のサプリはいろいろありますが、配合量や他の栄養成分、そして価格もさまざまですよね。それぞれどんな特徴があるのか、品質の良いカプセルの選び方をご紹介します。

 

蜂の子とは

そもそも蜂の子とは、名前の通り蜂の幼虫やさなぎのことをいいます。アジア諸国や日本でも山間部では昔から郷土料理として食べられてきたんですよ。たんぱく質が豊富でアミノ酸スコアに優れているので滋養強壮に役立っていました。

 

とはいえ、虫を食べるのはやはり気持ちが悪いという人も多いと思います。そこで蜂の子を加工したサプリや漢方も作られるようになりました。漢方は中国では古くから作られていてとても歴史のあるものなんですよ。

 

9種の必須アミノ酸を含むアミノ酸18種、ビタミン、ミネラルなど私たちになくてはならない栄養素を豊富に含んでいます。足りない栄養素を補うことで健康にさまざまな効果が期待できますが、中でも疲労回復や耳鳴り、めまいの改善、自律神経のバランスを整えるなどの効果があります。

 

サプリによって栄養価も違う!?

蜂の子カプセルの選び方

 

栄養価の高い蜂の子ですから、さまざまなサプリに使用されています。たくさんあるのでどれにしようか迷ってしまうという人も多いですよね。

 

ですが同じ蜂の子を使用していても、中身は全く違うということもすくなくありませんので、品質の良い蜂の子を選ぶようにしましょう。

 

配合量

蜂の子のサプリを選ぶ基準として配合量は目安になります。蜂の子サプリはだいたい1つのカプセルに200mgから400mgの蜂の子が入っています。サプリによって1日の目安摂取量が異なりますので、1日分でどのくらいの蜂の子が摂取できるのかを目安に考えましょう。

 

中には、蜂の子の配合量が明記されていないものもあります。配合量が分からないと他に何が入っているのか不安ですよね。せめて配合量の分かるものを選ぶことをおすすめします。

 

蜂の子の質

配合量だけでなく、使用している蜂の子によっても品質は変わってきます。栄養価が高いといわれているのは生後21日目前後のオスの蜂の子です。蜂の子は生まれてからたくさん栄養を摂ってどんどん大きくなっていきます。つまり栄養価もアップしていきます。ですが22日目ごろから羽化が始まるため、羽に栄養がとられてしまいます。ですからその手前の蜂の子が一番栄養価が高いといわれているんです。

 

また、オスの方がメスよりも体が大きく栄養価が高いといわれていますよ。

 

製法

同じ素材を使用しても製法によって吸収率や栄養価が変わってきます。新鮮な蜂の子をすぐに加工して、吸収されやすい状態にしているサプリを選びましょう。

 

 

以上が品質の良い蜂の子サプリですが、品質の良いものは正直お値段も高くなります。蜂の子は続けていくことも大切です。ですからお財布とも相談して無理なく続けられるものを選びましょう。高品質のものでも、続けられなければ思うような効果を得られないかもしれません。

 

その他の栄養素にも注目しよう

蜂の子のサプリは、蜂の子だけを使用しているものもあれば、蜂の子の効果をよりアップさせる栄養素や、サポートする栄養素を含んでいるものもあります。どんなものを配合しているサプリがよいのか考えて選んでみてくださいね。

 

ただし、他の材料があまり多いものは肝心の蜂の子の量が少ないという場合もありますので、そちらも注意してください。

 

まとめ

蜂の子のサプリはさまざまな種類がありますが、サプリによって特徴が異なります。高い効果を得たいのであれば、高品質なものを選びたいですよね。気軽に蜂の子を試してみたいという人ははじめは安いものからチャレンジしてみてもよいかもしれません。
こちらのページで蜂の子のサプリの特徴を紹介していますので参考にしてください(比較ページへ)

 

蜂の子にはさまざまなサプリがあります。カプセルタイプのものが多いですが、配合量や使用している蜂の子には違いがありますよね。どんな蜂の子を選べばより効果を実感できるのでしょうか。蜂の子はオスのみを使用しているものがよいでしょう。オスはメスよりも体が大きく、栄養価が高いといわれています。そして、栄養価で選ぶには生後21日頃の蜂の子を使用しているものがよいでしょう。蜂の子は生後どんどん成長して栄養価が高くなっていきますが、22日目には羽化がはじまり羽に栄養が取られてしまいます。ですから、羽化する直前の21日頃のものが一番栄養価が高いんですよ!また、どんな環境で育てられたのかによっても栄養価は変わってきます。ストレスを感じると元気に育ちません。ですから出来るだけ自然に近い環境で育てている蜂の子がよいですよ。さらに蜂の子の加工状態によっても栄養価が変わったり、吸収率が変わったりします。蜂の子のサプリは高価なものから安価なものまでさまざまありますが、高価なものと安価なものでは原料や製法に大きな違いがあります。つまり、効果を実感出来るかどうかも変わってくるでしょう。蜂の子は薬ではありませんので継続して摂取することも大切です。あまり高価なものだと続けるのが難しいという人ははじめは安価なものから始めてみるのもよいかもしれません。ですが、中身に違いがあるということは覚えておきましょう。蜂の子100%のカプセルもあれば、蜂の子のパワーを引き出すためにほかの素材もプラスしているカプセルもあります。サプリによって効果は少し変わってきますので、自分に合ったものを選んでください。

更新履歴
このページの先頭へ